コインランドリー開業までの流れ、開業資金相場を解説

今密かに注目を浴びているのがコインランドリーです。

この記事ではこれからコインランドリーの開業を検討する人に、

  • コインランドリーの開業にあたって必要な作業
  • コインランドリーの開業にあたってかかる開業資金相場
を解説していきます。

 

コインランドリー開業のトレンド

コインランドリーの開業が密かに注目を浴びています。

 


 

フトン巻きのジローは布団も簡単に洗えるということで大きな話題となり店舗も拡大を続けています。
最近ではこうしたコインランドリーがニュースやテレビで取り上げられる機会もよく目にします。

 

注目されるコインランドリー開業

コインランドリーは家で洗濯できないような量を一気にできて乾燥もできることが大きなメリットです。
先程の布団が洗えるというのも注目を浴びた一因でした。

また一般的に雨の日は売り上げが上がるコインランドリー、外に干せない洗濯物を一気に乾かしてくれるということでニーズが必ずある事業です。

 

コインランドリーのトレンドは”併設型”に

一般的にコインランドリーは人手が要らないため楽に開業しやすいとされています。

しかしコインランドリーで終わるのを待つ人の時間やスペースをマネタイズに繋げられるようにするために併設型で展開するケースが増えています。

※参考:進化する「コインランドリー」カフェ併設も

コインランドリーを利用すると洗濯と乾燥で数十分程度待つことになるため、その遊休時間をしっかり収益に繋げられるようにした方が経営としても合理的です。
ユーザーとしても「何かをするには短い、待つには長い」時間を有効活用できる方が利用しやすいでしょう。

代表的なのはカフェの併設型ですが、カフェ以外にもクリーニングやジムなど様々な併設型が出てきているようです。

 

コインランドリーはフランチャイズも多い

コインランドリーは単身で開業をするケースもありますが、フランチャイズ(FC)での開業も非常に盛んです。
フランチャイズに加盟すると基本的にフランチャイズ本部へ”加盟金”や”フィー”が発生するため、コストとしては重くなりますがその分ランドリーの調達やブランドを借りることができたりメリットも大きいです。

土地活用や不動産投資の一環としてコインランドリーを開業する人も多く、その点もフランチャイズ加盟が多い理由でしょう。
個人だと中々面倒なところを代替してくれたりもするので、自身のやりたい内容と照らし合わせてどう開業するかを決めていきましょう。

 

コインランドリーの開業にあたって必要なプロセス

それでは続いて具体的なコインランドリーの開業にあたっての作業です。
あくまで一部となり、また開業したい内容や規模により異なりますので詳細を知りたい方はお問い合わせください。

 

開業をする立地の不動産・物件を選ぶ

コインランドリーをどこに開業するかを選びます。

コインランドリーの開業を検討されている方の場合、既にある不動産の活用手段としてコインランドリーを選択する人も多いでしょう。
その場合不動産の取得コストはかかりませんが、新規に借りる場合は物件の賃貸に関わる費用がかかります。

どの立地に不動産を開業するかを検討する上で気にしたいポイントが以下です。

  • 併設型にするか、コインランドリーのみか
  • 同じエリアにある他のコインランドリーの動向

コインランドリーは併設型にするかしないかで大きく必要な坪数や費用が変わります。
周りのコインランドリー店などを見ながら開業する場所を決めましょう。

既にある不動産を活用する場合でも、周囲の環境からどの程度お客さんを獲得することができるかの見立ては必要です。

 

工事、施工、コインランドリーの設置

続いて不動産にコインランドリー仕様に変えていきます。

コインランドリーを狙った強盗被害も発生しており、防犯性も考えながら設置を進める必要があります。
※参考:首都圏でコインランドリー連続窃盗 37店で1千万円

こうした専門機器はフランチャイズ加盟の場合は本部が対応してくれるケースが基本なため楽に開業できることがメリットです。

 

その他必要備品の用意

待合スペースの椅子や机、併設型にする場合はその用意などがあります。

これも予算とこだわり次第でいくらでもお金をかけられますが、コインランドリーの場合はそこまでお金をかけないケースが多いように思います。
ターゲットと作りたいお店のコンセプトをもとに検討をしていきましょう。

 

資金を用意する

一般的に不動産と内装工事でかなりコストがかかりますし、オーブンを用意したり開業時にはまとまったお金が必要になります。
不動産が既にあるケースや自己資金で賄える場合は別ですが、創業融資を獲得したり資金の工面が必要になる場合は専門家の意見を聞きつつ進めるのが望ましいでしょう。

 

コインランドリー開業に必要な資格の取得・申請

基本的に無人であるコインランドリーの開業に必要な資格は基本的にありません。
こうした開業の楽さというのがコインランドリー開業をする一つのメリットでしょう。

ただし、カフェを併設する場合など併設するお店の内容次第では資格が必要だったりするのでしっかり確認をしつつ進めましょう。

 

マーケティング活動

いよいよ開業の日を決めたらできるだけ多くのお客様に伝わるよう宣伝活動をしましょう。

チラシを配るもの良いですし、ホームページやSNSなどあらゆる宣伝手段を使ってお店のことをPRしましょう。
コインランドリーのPRは看板を活用して知ってもらうことが多いと思いますが、Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)やSNSを活用することでより多くのお客様に知ってもらえるでしょう。
以下はGoogleマイビジネス(ビジネスプロフィール)でやるべきことのまとめ記事となるのでぜひ参考にしてみてください。

Googleマイビジネス(ビジネスプロフィール)の集客効果は?必要な対策も徹底解説!

フランチャイズに加盟する場合はこうしたマーケティング活動も本部がやってくれるケースがほとんどです。
しっかりFCの契約を確認しつつ役割を相談しましょう。

 

コインランドリーの開業資金の相場

コインランドリーの開業資金相場は以下の要因により大きく変わります。

  • 土地活用の一環であるか(開業する不動産が既にあるか)
  • 店舗の坪数(どの程度機器を用意するか)
  • 併設型でコインランドリー以外も併設するか

不動産を別途借りる場合は大きな費用がかかりますし、ランドリーは非常に高額なためお店が広くたくさん機器を用意するほど当然お金がかかります。
またカフェなど併設をするかでも変動します。

一般的に小型の10坪程度のコインランドリーであれば1,500万~2,000万程度はかかるケースが多いように思います。
不安な方は専門家にもアドバイスをもらいながら準備を進めていきましょう。

 

フランチャイズに加盟する場合は加盟金など別途費用などもかかる

フランチャイズ加盟を選択する場合、個人で開業するよりも楽で集客などもやってもらえるため安定した経営にはなりやすいかもしれません。
開業資金はFC本部・ブランド次第といった形になってしまいます。

特に加盟金は初期コストに大きく関わってくるため、どのフランチャイズに加盟するか慎重に検討をしましょう。

 

コインランドリーの開業のノウハウを知り夢を叶えましょう!

コインランドリーの開業は様々なことをやる必要がありますが、特に大事なことを解説しました。

もし気になることやアドバイスが欲しい方はお気軽にお問い合わせください。
専門家の知見を仰ぎつつ、自分の夢を是非叶えましょう!